パウダールームやクローゼットルームを実現した憧れリフォーム

 28年前に購入した新築分譲住宅は、水廻り設備の傷みや、経年劣化による床板のきしみなどが気になっていました。
 2人の娘さんが独立されたこともあり、補修のタイミングと合わせて、これまで抱いていた希望を形にして、ご夫婦と愛犬のセカンドライフをゆったりと楽しめる家へリフォームすることにしました。

どんなリフォームを希望されましたか?

 使っていなかった和室をなくしてLDKを広くしたいことと合わせて、温めていた様々な希望を伝えました。キッチンをアランドキッチンにしたいこと。1階にパウダールームを兼ねた自分専用の個室が欲しいこと。そして、傾斜が急な階段を変えたいことを伝えました。
 階段をどの向きに掛け替えが可能かいうことを含め、いろいろなパターンを試行錯誤して、最終的に今のプランに落ち着きました。

LDKでこだわったポイントは?

 既存のソファやローテーブルなどに合うモノトーン調のコーディネートにまとめました。テレビ背面の壁一面の収納棚は希望して造作してもらいました。和室がなくなるので、リビングに仏間を設ける必要があり、仏壇の高さに合わせた両開きの棚を設置。それ以外の棚も収納したいもののサイズに合わせてカスタマイズしました。小物、書類、衣類まで様々な物が入っていますが、鏡面ブラックの扉を閉めてしまえばとてもすっきりします。
 また構造上残ることになった柱は、トイレの目隠しとインテリアを兼ねて扇状のアクセントウォールにしてもらいました。主人が選んだ石目調のクロスを貼って、飾り棚を設置。曲線の造作はとても難しかったと聞きましたが、わが家オリジナルのLDKのアクセントになりました。

オーダーで造作したリビングの壁面収納は、扉や引き出しのサイズ、棚板やポールなどのご希望に応じて。テレビに向かって右側の両開き扉が仏間になっています。
元のLDKと和室の間にあった柱を扇状の壁に。壁の一部をくり抜き、壁のアールに合わせた棚板を造作して飾り棚にしました。

特に気に入っているところは?

 私が「パウダールーム」と呼んでいる専用の個室をリビングのすぐ近くに持てたことです。どの位置に設けるかは、プラン作成の段階でいろいろ提案してもらいながら悩んだのですが、キッチンの奥の一角に落ち着きました。仕事用のカウンターデスクを造作し、対面の壁には普段着を収納するクローゼットを、天井には室内干し用の器具を設置しました。
 必要なものがすぐに取り出せて便利な場所にあるけれど、扉を閉めればLDKから見えません。適度な籠もり感があり、デスクでのんびり料理本などを眺める時間は至福です。

インテリア性の高いアイランドキッチンは、朝食などをさっと済ませる時に便利なカウンター付き。キッチン奥の扉が、奥さまのパウダールーム。
シックなアクセントクロスの前にカウンターデスクを造作した奥さまのパウダールーム。一人の時は、この部屋だけエアコンを付けて愛犬と籠もり、省エネ効果も発揮。

2階の使い方を見直されましたね。

 子ども部屋が不要になったので、一室ずつ夫婦それぞれの寝室にして、真ん中の部屋はクローゼットルームにしました。
 壁を造ってL字型に収納棚を設けるアイデアを提案してもらって、より使いやすく、収納力も上がりました。季節外のものや、普段使わないものを全て収納できるので、他の部屋に置くものは必要最低限にできます。

L字型の壁(写真右)を作ったことで、クローゼットルームの空間を無駄なく活用でき、出し入れもしやすくなりました。
2Fの間取りはそのまま、フローリング、クロス、建具を入れ替えて一新。奥の紺色のアクセントクロスの部屋が奥さまの寝室。

外観も新しくされました!

 古くなっていた玄関ドアは、大きいものに変えたいとの主人の希望で付け替えました。外観のデザインも変えたくて、1F部分にサイディングを貼ったところ、断熱性も向上しました。外観のイメージが大きく変わったと思います。

1Fをサイディング貼りにして外観もリフレッシュ。こだわりを感じさせるカラーリングはご主人のチョイス!
玄関扉、アプローチのタイル、ポストを新しくして、エントランスのイメージを一新。手摺も新たに設置しました。
玄関内のシューズクローク、タイルを変えて、室内のイメージと合わせたすっきりとしたモノトーンでコーディネート。

提案してもらって良かったことは?

 いろいろ無理もお願いしましたが、こちらの思いをより良い形で実現してくださいました。キッチン側の掃き出し窓を壁に替えたため、LDKに明かり取りの小窓を追加するという提案は、こちらでは思いつかないことでした。
 朝、1Fに降りてきた時の部屋の明るさが全然違い、提案してもらって良かったと思います。

リビングダイニングのコーナーの壁に、筋交いを避けられるギリギリのサイズで2つの小窓を設置。
浴室、洗面室を広くするために、便器と手洗いは既存のものを再利用して移設。階段下の空間を活かして、便器の横に収納スペースを追加しました。

担当者スタッフより

リフォームアドバイザー 入江

 センスの良いご夫婦で、こだわりとご希望がしっかりされていたので、より良い形で実現するお手伝いをさせていただきました。階段を真っ直ぐ架け替えることや、明かり取りに縦長のスリット窓を設置することなど、構造確認後に実現できないことなども発生しましたが、都度ご相談しながら、できる範囲での最善のプランを一緒に考えさせていただきました。